児童相談所の児童福祉司の要件

児童福祉司は、児童相談所長の令を受けて、
児童の保護、その他児童の福祉に関する事項について、
相談に応じ、専門的技術に基づいて必要な指導を行うなど、
児童の福祉増進に務めることを担います。

 

また、児童福祉司は、児童相談所長が定める担当地区で職務を担いますが、
担当区域内の市町村長に協力を求めることもできます。

 

都道府県は、児童福祉司について、
「児童相談所に事務吏員または技術吏員であって、
次の1〜6のいずれかに該当する者のなかから任用した
児童の福祉に関する事務をつかさどる者(児童福祉司)を
置かなければならない。」としています。

 

 1 厚生労働大臣の指定する児童福祉司
  もしくは児童福祉施設の職員を養成する
  学校その他の施設を卒業し、
  又は厚生労働大臣の指定する講習会の課程を修了した者

 

 2 学校教育法に基づく大学又は旧大学令に基づく大学において、
  心理学、教育学、もしくは社会学を専修する学科
  またはこれらに相当する課程を修めて卒業した者
  (厚生労働省で定める施設において1年以上福祉に関する相談等の  
  業務に従事したもの)

 

 3 医師

 

 4 社会福祉士

 

 5 社会福祉主事として、2年以上児童福祉事業に従事した者

 

 6 1〜5に準ずる者であって、児童福祉司として必要な
  学識経験を有する者