児童家庭福祉と各種センター

児童家庭福祉の推進のため、地方公共団体などが条例で
「少年補導センター」、「少年センター」、「青少年相談センター」を設置しています。

 

このようなセンターは、警察や教育関係者、青少年対策関係職員、
民間関係団体、ボランティアなどで構成されていて、
街頭補導や少年相談、有害環境浄化などの職務を担っています。