児童相談所の一時保護する施設の職員

児童相談所長は、必要があると認められる場合、
児童福祉法第26条第1項の措置をとるに至るまで、
児童に一時保護を加え、または適当な者に委託して一時保護を
加えさせることができるとなっています。

 

そのため、一時保護を委託された施設には、
児童養護施設の最低基準を準用した職員の配置があります。

 

そして、児童指導員、嘱託医、保育士、栄養士、調理師が配置されています。