児童福祉施設の専門職

児童福祉施設の職員の配置基準や資格要件は、
「児童福祉施設の設備及び運営に関する基準」に定められています。

 

児童福祉施設職員の一般要件は、
「児童福祉施設の設備及び運営に関する基準」で、以下の様に明記されています。

 

「健全な心身を有し、豊かな人間性と倫理観を備え、
児童福祉事業に熱意のある者であつて、
できる限り児童福祉事業の理論および実際について
訓練を受けた者でなければならない。」

 

実際の児童への援助に携わっているのは、保育士や児童指導員、
児童自立支援専門員、児童生活支援員です。

 

児童福祉施設の児童指導員

 

児童福祉施設の児童指導員の職務は、
児童厚生施設、児童養護施設、障害児入所施設、児童発達支援センター、
情緒障害児短期治療施設などの児童福祉施設で、
児童の生活指導や学習指導、直接援助技術のケースワーク、
グループワーク、就労指導などの自立支援、
地域や家庭の問題調整など、さまざまです。

 

児童指導員の資格要件は以下のようになっています。

 

 1 地方厚生局長の指定する養成施設や養成施設を卒業した者

 

 2 大学で心理学、教育学、社会学を専修する学科、または課程を修めて卒業した者

 

 3 大学で心理学や教育学、社会学に関する科目を優秀な成績で修得したことによって、
  大学院への入学を認められた者

 

 4 大学院において、心理学、教育学、社会学を専攻する研究科、
  または課程を修めて卒業した者

 

 5 外国の大学において、心理学、教育学、社会学を専修する学科、
  または課程を修めて卒業した者

 

 6 高等学校卒業後、2年以上児童福祉事業に従事した者

 

 7 教員免許(小学校、中学校、高等学校)を有する者で、
  厚生労働大臣または都道府県知事が認めた者

 

 8 3年以上児童福祉事業に従事し、厚生労働大臣または都道府県知事が認めた者